top of page

Lacquered(urushi) wooden box 

This lacquered wooden box is thought to have been made between the Edo and Meiji periods. The lid is deep, so that objects can be placed or stored on the lid. We do not know what purpose it was used for, but it is 2.5 cm deep, so please try to use it in a creative way.

 

漆塗りの木箱

江戸時代から明治時代ごろに作られたと思われる漆塗りの木箱です。蓋の部分が深くなっており、蓋の上にも物を置いたり収納したりできるようになっております。どういった用途でこういった構造になっているのかが分かりませんが蓋の上の深さが2.5cmほどあるので、是非工夫して使ってみてください。

 

Number   /   0176

 

Price   /   Please ask

 

Size   /   H105 W165 D110 mm

 

Country   /   Japan

 

Period   /   19c - 20c

 

※ Country and period are estimates.

※ 国や時代表記は推定です

 

※Accessories in the photo is not included.
※写真の小物は付属しておりません

0176

bottom of page